顔は常に日差しを浴びる状態だから、
紫外線のせいでシワができやすいですね。


紫外線は、外部から受ける刺激の中でも一番強力。
なので、ちょっとした油断で肌老化が進行することもあるんです。


今まで紫外線対策をきちんとしていなかった、
という人は少なからずシワに悩まされているでしょう。


そんな方のために、紫外線によるシワの改善方法をご紹介します。

紫外線がシワを作るメカニズム

紫外線はとても浸透力が高いので、
皮膚の深層部にまで達します。


深層部には、皮膚を内側から支える真皮層があります。


ここまで紫外線が届いてしまうと、
コラーゲン線維が断ち切られてしまうんです。


コラーゲン線維は網目状に張り巡らされているから、
断ち切られると網目が緩みます。


すると内部に存在していたヒアルロン酸が流れ出してしまい、
弾力も失われます。


また皮膚を支えられなくなることで、
ハリがなくなりシワが出来てしまうのですね。

活性酸素もシワを作る

肌にダメージを与える紫外線を浴びると、
肌を守るために活性酸素が作られます。


普通の量であれば、活性酸素は有害な物質を攻撃してくれます。
でも大量発生すると、正常な肌細胞まで攻撃されて、
機能が低下を引き起こすことに。


これも紫外線でシワができるメカニズムの一因なんです。

保湿ケアを徹底すること

紫外線によるシワの改善は、とにかく保湿をすることが重要。


保湿をしてターンオーバーを促し、
ダメージを受けた肌の内部の修復を促す。
これが一番効果的な改善方法です。


そのために必要なのが、
コラーゲンやヒアルロン酸が入った化粧品でのケア。


特にヒアルロン酸は、
水分を保持する機能をサポートしてくれるから必須です。


いくら水分や保湿成分を与えても、
それを保持できなければ保湿は完璧じゃないんです。
だからヒアルロン酸をメインにした保湿ケアを行いましょう。


きちんと水分を蓄えられるようになれば、
内側から弾力を取り戻せるので、
結果的にシワの改善にもつながるんです。

生活習慣も整える

肌を生まれ変わらせるターンオーバーには生活習慣も関係しています。


★睡眠不足
★栄養の偏った食事
★運動不足

このような状態のままでは、
ターンオーバーも活性化しません。
ターンオーバーは、良質な睡眠と肌の栄養、
全身の血行促進が活性化するポイント。


なので保湿ケアに加えて生活習慣も整えることが、
シワの改善や肌老化を防ぐためには必要不可欠なんですね。


ちなみに、シワのあるなしに関わらず、紫外線対策はきちんとしましょう。


紫外線対策を怠ると、ケアの効果もなくなるし、
新たなシワや肌老化を引き起こすかもしれないので注意してくださいね。